>> HOME > 移住のホンネ > 詳細表示

移住のホンネ

お問合せ

移住のホンネ

内面から美しくする美容師 藤岡 建二

Uターン
田舎でくらす 起業

コピー

内面から美しくする美容師
藤岡 建二さん

現在の居住地:鍛冶屋町
移住年:2009年

出身
長浜市平方町
お仕事
内面から美しくする美容師
趣味
ジャンベ(アフリカの太鼓)
移住前
東京都など
移住のストーリー
「人の本質的な部分を美しくするのが役目です」と話す、藤岡建二さん。ハーブや植物の香りで満たされた店内は薪ストーブの柔らかい暖かさに包まれています。美容の技術だけでなく、ライフスタイルも含めて共感してもらいたいという考えからか、暮らしの延長線上に仕事場があるかのような余韻を感じさせる居心地の良い空間です。

藤岡さんは、長浜市内で生まれ育ち、楽しいことには何にでも興味を持って遊びまわっていたそうです。その中でもファッションへの関心が特に強く、雑誌で見かけるへアメイクアーティストへの憧れを抱き、高校卒業後上京します。ヘアメイクへの憧れを胸に抱えたまま美容の道へと進んだ藤岡さんの転機になったのは、結婚式。ブライダルプランナーに紹介されたドレスのスタイリストを通じて憧れだったメイクアップアーティストの連絡先を教えてもらえることになったのです。高校生の頃からの10年間にも及ぶ熱い思いを手紙に載せるも、返事を頂けたのはなんと一年後!3年間の修行期間に教えていただいたことは、技術ではなく、ものの見方や時代の読み方でした。独立後は数々のモデルや芸能人のヘアメイクを手がけるなど長年の夢を実現した、充実した日々を送ります。

その一方で、休日は都会の喧騒から離れアウトドアを楽しむことが多かったという藤岡さんは、あるとき、いつも使っている日用品が自然にとって良くないものも有ることを感じ始めます。自然や身体のことも考えずに手に入れる「美しさ」に何の意味があるのかという疑問にぶつかったのです。そうした考えが大きくなるにつれ、家族との時間や自分らしいライフスタイルを求めて海外や妻である香里さんの実家のある和歌山などで理想の住まいを探し始めます。「その時にピンとくる場所がなかった」と行き着いたのが生まれ育った長浜市でした。家族との時間や暮らし、自然で身体に優しい美を目ざした美容室は、家の一画をそのままお店として、ライフスタイルを含めて提案する新しいスタイルでした。

「内面から人を美しくするために、植物という自然のものを活かした身体にいい美容を提案したいし、それをもっと広めていきたい」。長浜の市街地から山間の集落鍛冶屋町に拠点を移した藤岡さん。海外での生活の経験などもあり「そこに家族と居られるということが最大の幸せです」と、住んでいる地域やその地域を守ってきた先輩方への敬意をなくして住むことはありえないという考えのもと、鍛冶屋町との関わりを大切にした生活を営んでいます。
移住のホンネ一問一答!

<?= 移住のホンネ ?>

家はどのようにして見つけましたか?

内面から美しくする美容師 藤岡 建二鍛冶屋町はもともと母方の実家があった場所でした。敷地はすでに更地になっていたので、住むかどうか決める前に、テントを貼って太陽の動きなどを確かめたりしていました。決め手になったのは、半農半Xのようなスタイルを提案している「どっぽ村」の清水陽介さんという大工さんの木を使った家造りに出会ったことでした。このスタイルの家なら、その敷地での生活がイメージ出来たので住居兼仕事場を「ハーフビルド」で建てることに決めました。

<?= 移住のホンネ ?>

仕事はなにをされていますか?

内面から美しくする美容師 藤岡 建二人を内面から美しくする美容を提案しています。その人の持った特性を活かした自然体でいられることの尊さや美しさに気付いてもらえるような提案をしています。ヘナなどの植物由来のものを活かした身体にいい施術を行っています。

<?= 移住のホンネ ?>

なぜ長浜への移住を決めたのですか?

内面から美しくする美容師 藤岡 建二自分たちの家族が自然体で生活できる場所を探して、行き着いたのが長浜でした。夢でもあった海外での生活を求めて、マルタ共和国やタイなど穏やかな国や、妻の実家のある和歌山でも家を探しましたが、タイミングやピンとくる場所との縁を感じられず、長浜への移住を決めました。

<?= 移住のホンネ ?>

移住の際どんなことが大変でしたか?

内面から美しくする美容師 藤岡 建二特にありません。そこで住まわせてもらえるということ自体が素晴らしいし、その感謝さえあれば移住に苦労することはないと思います。

<?= 移住のホンネ ?>

長浜の暮らしの魅力って?

内面から美しくする美容師 藤岡 建二人間関係が親密で、繋がりが強いことです。家族の次にある繋がりというイメージで、他人ではないという感覚をもっています。

<?= 移住のホンネ ?>

地域とはどのように関わっていますか?

内面から美しくする美容師 藤岡 建二鍛冶屋町は自治組織がしっかりしていて、集落の一員としてそうした集落の組織にも属して、役割を果たしています。集落にも忘年会があってみんなが集まる機会になっているし、そうした時にはいつも以上に深く、集落の中の人間関係が見る事ができてとても楽しいです。

<?= 移住のホンネ ?>

将来の夢・今後していきたいことはありますか?

内面から美しくする美容師 藤岡 建二お店はまだ完成だとは思っていないので、理想のお店づくりは続いていきます。やっていく中で理想も変化していくので、完成はないのかもしれません。また、人や自然に負荷をかけない本当の美しさをより多くの美容関係者やお客様に知っていただきたいので、広がりを加速させていくための取組をしていきたいと思っています。

<?= 移住のホンネ ?>

休日の過ごし方を教えて下さい。

休日は体のメンテナンスや家のことをしています。連休にはアウトドアや子どもが楽しいと思える場所で遊ぶなど、家族との時間を大切に過ごしています。

<?= 移住のホンネ ?>

移住を考えられている方へ、メッセージを。

内面から美しくする美容師 藤岡 建二身体が自然体でいられれば、どこでもきっと楽しいはずです。私たちの住んでいるような集落で生活がしたいと考えているなら、その地域で大切にされてきたことや人間関係をなくして楽しい生活は送れないと思います。感謝の気持ちを忘れず、もともとあるコミュニティと寄り添ってみてください。